依頼する内容によって翻訳会社を使い分けましょう

翻訳を行う必要が出てきたとき、最も重視するものは翻訳の品質でしょう。

一番安い翻訳はネット上にある無料の自動翻訳ですが、使ってみると分かるとおり、ひどい文章が出てきます。翻訳会社に依頼すれば、もちろんこれよりは品質の良いものができますが、やはり安いサービスはそれなりのもので、適正な料金のサービスでは自然な文章に仕上がります。理由としてはチェックする体制やそのスタッフの質です。料金を気にすることも大事ですが、ある一定以上の仕上がりレベルを求めるなら、チェックするスタッフが良質な会社を選択するのが賢明です。

スピードも重要で、早い対応をする会社はありがたいのですが、スピードがあるということはそれだけチェック体制が簡略化されている可能性もあります。早く納品されたもののあまりにも低品質の翻訳で、修正に時間がかかって結局コストがかかってしまったということにならないようにしたいものです。自分で手直ししたり、修正を何度も依頼するよりも、一発で高品質な状態で納品してくる翻訳会社に依頼することが結局一番スピーディーだったということがよくあります。翻訳会社は中小企業や個人で行っているところでも、能力を買われて大手企業や官公庁と契約している場合があります。

これは要望する翻訳分野が得意分野と合致しているからです。大手翻訳会社は実績もありますが料金もそれなりに高い場合がありますから、中小企業・個人、幅広く見渡し、依頼する文書の内容・特徴から選択するといいでしょう。翻訳会社には得意分野や特徴があります。例えば医療・医薬関係の翻訳に強い会社、特許関係に強い会社、英訳以外にも多数の言語に対応する会社、などさまざまあり、相応の料金形態となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *