海外との重要案件には翻訳サービスを

円滑なコミュニケーションは常に言葉で成り立っています。

そのため言語が違う人と交流することは、極めてハードルの高い行為です。義務教育で外国語を習ってもほとんど会話できないことが難しさを証明しています。一方でグローバル化は日進月歩の勢いで進んでおり、英語を目にしない日はありません。ビジネスから趣味の分野に至るまで外国語を使った意思疎通を図らなければならないこともしばしばです。もしも重要な案件を抱えて語学にも自信がない場合には、翻訳サービスを利用しなくてはいけません。

大手新聞でも誤訳に基いて報道してしまうほど細かいニュアンスを把握するのは至難の業です。誤った認識のまま外国との取引を進めてしまったばかりに、大損害を被った例さえあります。こうした理由により社内教育で語学を習得させようとする企業も少なくありません。しかしマスターするためには1000時間から10000時間が必要とされていますから、非常に気の長い話です。それよりも最初から翻訳サービスに依頼したほうがコスト的にも賢明といえるでしょう。英語だけではなく世界最大規模の市場を持つ中国語も重要度を増しています。

工場生産の主軸は東南アジアに移りつつあり、アフリカに目を向ける企業も珍しくなくなりました。これらの言葉に全て対応できる専門家などまずいません。言語ごとに翻訳サービスを使い分けることが、これからのグローバル化社会を生き抜く術になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *