翻訳会社のサービスについて

翻訳会社とは、海外で発行された外国語の書籍などを日本語に翻訳する事を専門に行うだけでなく、外国語で書かれた専門用語が書かれた契約書の翻訳や、翻訳した書物の出版全般まで行うサービス会社です。

そのため翻訳会社で働いている人間は、単に語学が堪能で翻訳ができるだけでなく、その翻訳した分野の専門知識も持っていて正しい解釈で日本語に訳してくれ、専門知識のない顧客に対して日本語で解りやすく解説してくれます。ある翻訳会社に翻訳サービスを依頼する方法は、まず大まかな特許資料や文学作品などの翻訳分野を選びます。次に翻訳する用途として特許明細書や契約書や映画の字幕や出版に向けての日本語訳などの用途を決めます。次に何語の文章を何語に訳すかを選びます。通常は日本語に訳す事が多いですが、日本語を他の外国語に訳したり、外国語を日本以外の外国語に訳す事も可能です。

次に翻訳料金を決めるんですが、料金が安いとそれだけ質の低い翻訳になり、料金を高めで依頼すると質の高い翻訳を依頼できます。次に納期を選ぶんですが、急ぎの場合はその分割増料金が請求されます。翻訳書のプロフィールから実績のある翻訳者を指定して依頼する事も出来ますが、人気のある人を指名するとそれだけ予約が埋まっているため納期が遅くなり、料金もかなり高額になります。上記の項目の事項を選択して依頼して着手金を支払うと納期までに翻訳が完成して、完成した翻訳に納得した場合には残りの料金を払い完了し、納得いく仕事でない場合には手直し要求や減額要求ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *