翻訳会社の特徴を考えた仕事の依頼

依頼する翻訳の種類によって異なる翻訳会社を選択する必要があり、依頼する原稿の内容がどの分野に該当するかを理解することが大切です。

翻訳する内容は分野ごとにたくさんありますし、翻訳を掲載する媒体も新聞や雑誌に限らず様々な形態で掲載されることが増えています。神だけでなくどのような媒体でも文字数の制限があり、翻訳の方法も詳細なものもあれば場合によっては意訳という形で表現する必要もあります。翻訳会社が得意としている翻訳内容は翻訳そのものや、掲載されるメディアの書式やレイアウトなどまでを計算入れている場合もあり、文字数の制限が計算されたうえで原稿が作られていきます。ウェブサイトなどの原稿を翻訳すると原語から原語によっては文字数に差が出てしまい、レイアウトや書式が崩れてしまう可能性があります。

この場合文字数をそろえる方法として意訳という形がとられ、全体のバランスを保つ構成が行われます。翻訳には映画などの字幕スーパーを制作する翻訳会社もあり、主に俳優のセリフを翻訳することが中心になりますが、吹き替え版と違って字幕は見ている人が、場面ごとにそのセリフを読み終えることが想定されて作成されています。映画のセリフなどは特に流れが変わらない程度に、言語とは違った意味のセリフが翻訳として使用されている場合もあります。翻訳は依頼する側が必要とする現行が作成されることが重要なので、依頼する会社の特徴をあらかじめ調べておくことも大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *