納得のできる翻訳会社

翻訳が必要になるケースには色々な場面が想定されますが、製品案内やマニュアル翻訳、特許関係、ゲームなど実に様々です。

まずは、翻訳会社を選ぶ際には、それぞれのニーズに適した翻訳担当者がその会社に在籍しているかどうかを調べてください。例えば、マニュアル翻訳に強い方であっても、特許関係の経験は殆ど無い場合なども考えられます。万が一、専門用語の翻訳で誤訳が合った時には、最悪の場合売上などにも悪影響を与えるリスクが有ることは認識しておいてほしいところです。

ただし、実際の翻訳会社選びは言うほど簡単ではありません。まずは、複数の翻訳会社のウェブサイトのチェックからスタートしてください。サイトに在籍する翻訳者の経歴が載っていないところはできるだけ避けたほうが無難です。また、対応できる言語の種類も確認しましょう。

いくつかの業者をピックアップした後は、直接電話で担当の方に聞いてみるのが一番です。信頼できる翻訳会社であれば、専任のコーディネーターの方がいるため、問い合わせに対するレスポンスが非常に優れています。こちらの目的を判断し、適切なサービスを案内してくれるところが望ましいです。

料金については、オプションのコストがどうなっているかを確認します。イニシャルコストだけで判断すると、後々予算オーバーになってしますことだって考えられますので注意してください。理想を言えば、最初の段階ですべての料金を含めた金額を提示してもらうのが良いと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *