翻訳会社に登録してはじめて仕事ができます

翻訳会社は、社内に翻訳の作業ができる従業員を雇っているわけではありません。

顧客企業から受注する翻訳の増減に対応できるように、外部に翻訳の仕事を発注している翻訳会社が大半です。固定費や人件費をかかり過ぎないためには登録されているフリーランスの翻訳者に外注するのです。実際に翻訳の仕事をするには、翻訳会社のトライアルに挑戦して、選考に合格して翻訳者として登録する必要があります。

トライアルとは、翻訳をこなせるレベルの語学力を確認する作業です。少なくとも英語はマスターしていることが求められます。日本語の書く技術・契約書の翻訳ができるか等をあらかじめ確認しておく作業になります。登録できたからと言って、すぐに仕事が来るとは限りません。翻訳の仕事のレベルによって最もふさわしい登録翻訳者に仕事を委託するからです。フリーランスの翻訳者は、大半が自宅で仕事をする在宅翻訳者です。

翻訳者にはある分野に精通しているといった強みを持っていることが重要です。この実務には詳しいという印象を翻訳会社が持てば、優先的に翻訳の仕事がまわってくることになります。継続的に翻訳の仕事をする上で大切なのは、翻訳会社がどのような企業から翻訳を受けているかを把握してその分野の実績を重ねておくことです。

委託の翻訳者を全世界に確保している会社もあります。いかに専門分野を網羅した翻訳ができるかが翻訳の受注のポイントになります。専門性が高いというのは、他の人ではできない翻訳のノウハウを持っているという事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *