翻訳会社に必要な品質管理

翻訳会社には必要なことがたくさんありますが、そのなかでも品質管理は会社の信頼や売上にも直結してきますので重要なものになります。

いくら翻訳者が優秀であっても全体的に見れば、ばらつきが発生したり、ケアレスミスが起きたりする可能性がありますのでトラブルを未然に防ぐためにも品質管理の徹底が必要です。品質管理には、いくつかの工程がありまして、本質的な部分での誤訳や訳抜けがないかを調べます。

一般的には翻訳者とは別の人が改めてチェックする方法が主流となります。翻訳者自身が抜けがないか調べたり、一部分を抜き出して合っているか確認したりすることもありますが、品質を徹底するためには再確認は必須であり、その分もコストに含まれているのです。翻訳者が複数人で構成されているのが翻訳会社になりますので、人によっては翻訳内容に、ばらつきが発生することがあります。

そうならないために翻訳会社では語句の統一を求めたり、サンプルを作成して同じようになるように指導したり、用語集を用意して一律に同じ内容になるようにしたりと統一するように作られています。品質管理を徹底する上でさらに重要になるのが依頼者が安心して利用できるように事前に、どのような内容で品質管理をしているのかを提示しておくことです。

二重チェックやどの段階で見直しをしているかといったような全体の工程をハッキリとさせておくことが安心感が生まれます。そして、出来上がった翻訳物の内容がしっかりとしていることによって次の発注に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *