翻訳会社で働くメリット

語学が得意なので、翻訳会社で働こうと思っている人もいるかもしれません。

ただ、翻訳の仕事をしている人の多くは実際にはフリーランス的な働き方をしており、一般の企業から翻訳の仕事を依頼された翻訳会社から仕事を回してもらう形で翻訳をしている人がほとんどです。

つまり、翻訳会社の正社員として勤務しているのではなく、業務委託という形で仕事をしているということです。

翻訳の依頼は常に一定数があるとは限りませんから、担当者の全てを自社の正社員として抱えておく必要はないからです。

フリーランス的な仕事になる以上、給料はもちろん出来高制となり、回ってくる仕事がない場合には収入が得られないことになります。

一方で会社に束縛される度合いは低くなります。

仕事をする場合でも基本的には出社する必要などなく、自宅で行って構いませんし、設定された納期を守れる限りはいつ仕事をしようが自分の自由であり、その意味では時間に融通が効くとも言えます。

ちなみに、翻訳会社の多くは、翻訳に類似した仕事として通訳や、例えば英語で行われた会議の録音データを元に音声を文書に書き起こすというような仕事も受託していることがあります。

もちろんその人の語学力やスキルに応じての話にはなりますが、単に文書の翻訳だけでなく、通訳や音声起こしといった仕事が行える機会もあるかもしれません。

ただ、音声起こしにせよ通訳にせよ、文書の翻訳とはまた違ったスキルが必要であり、慣れも必要でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *