翻訳会社の業務について

翻訳会社の業務というと、もちろん文章の翻訳がメインとなるのは言うまでもありません。

翻訳会社で仕事をする人のほとんどはまずはこの業務に携わることになるでしょう。しかし、翻訳会社とは言っても翻訳をする人だけで構成されているわけでは決してありません。

例えば、その翻訳で適切かどうかをチェックする人がいたりします。

翻訳というのは答えが一つに決まるようなものではありませんから、どうしてもその人のスキルレベルとか個性による差が生じます。

仕事を依頼した顧客の立場から見て本当にその翻訳で適切と考えられるのかどうか、実際に翻訳をした人とは別の人がチェックして欲しいという依頼はごく当然のようにありますし、翻訳会社によっては、顧客から依頼されるまでもなく別の人によるチェックを標準的に組み込んでいることもあります。

他の人の作成した文書をチェックするくらいですから、その人にはおそらく一般的な翻訳者よりは高めのスキルが求められることでしょう。

あるいは、日本人の場合は当てはまらないでしょうが、日本語から英語に翻訳されたような場合、翻訳された英語がそれを母国語としている人から見て読みやすく、誤解のない文章になっているかどうかを確認するような作業もあります。

先ほどのチェックと何が違うのかと思われるかもしれませんが、チェックとは翻訳前後の両方の文書を確認するのに対して、こちらはあくまで翻訳後の文書がそれを母国語としている人にとって違和感がないかを確認する作業のことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *