翻訳会社における仕事

翻訳会社における仕事はもちろん文章の翻訳です。

外国との結びつきがますます強くなっている現在、外国語で書かれた文章を翻訳することが求められるケース、あるいは逆に日本語で書かれた文章を外国語に翻訳しなければならないケースは増え続けており、それだけ翻訳会社の仕事も増えています。

もちろん、全てをこのような翻訳会社に頼るのではなく、日本人一人ひとりが外国語、とりわけ英語の能力を身につけることは必要でしょうが、それだけでは到底追いつかないのです。

翻訳の対象となる文章には、例えば小説などの文学もありますし、映画やドラマなどの映像作品の字幕などもあります。

もちろん、ビジネスで用いる文書もあるでしょう。

文学や映像作品などの場合は、やはり外国語から日本語に翻訳することがどうしても多くなりますが、ビジネスの場合は日本語から外国語に翻訳する場合もあるでしょう。

このような翻訳会社で働く人は、確かに多くが大学の外国語に関係するような学部、学科を卒業した人たちですが、最近では決してそういう人ばかりではありません。

とくにビジネスで用いる文書の翻訳に携わる人の場合、外国語のスキルはもちろんですが、そのビジネスに関係する経験があることが重視されることも増えているからです。

そのビジネス特有の用語や言い回しがあるという場合は少なくありません。

そういう場合には、その分野の経験があることで仕事がスムーズに進むことも良くあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *