翻訳会社での仕事について

翻訳会社ではもちろん翻訳の仕事をするわけですが、実際にどういう形で働くことになるのかを知っている人はあまりいないようです。

翻訳会社も会社ですから、社員として雇用されている人はいますが、どちらかというとそれは少数派で、翻訳会社と契約を結んだ上でフリーの立場で仕事をしている人のほうが多いのが実情です。

フリーの立場なのですから、毎日会社に出勤する必要はありません。

仕事については、顧客から翻訳の仕事を頼まれた場合に、それを会社を通じて引き受けるという形になります。

もちろん大きな翻訳会社になればなるほど、大勢の人が契約していますから、そういう意味では仕事の取り合いになると言えます。

誰にいつどのように仕事を回すかは会社側のさじ加減一つではありますが、やはり実績、実力が物を言うことは間違いないでしょう。

ただ、単に語学力が高いというだけではなく、いかに他の人と差別化を図れるかということも重要です。

例えば、あまりメジャーでない外国語の能力がある人は、その言語の翻訳の仕事が入ったときにはほぼ確実に仕事が回ってくることになるかもしれません。

あるいは、他の人があまり仕事をしたいとは思わない深夜とか、休日も厭わずに仕事ができる人であれば、そういう時間帯に急ぎの仕事が入ったときには優先的に依頼されることになるでしょう。

このように、単に語学力を磨くだけでなく、いかに仕事を取れるかという観点を持つことも大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *