翻訳会社を選ぶとき、抑えておくべきポイントは

海外でのビジネス展開に必要になるのが、ネイティブレベルの多言語翻訳、間違いが許されないビジネス文書や学術論文の翻訳は、信頼できる翻訳会社に依頼すれば高い品質が期待できます。

しかし翻訳会社の数は多く、提供しているサービスや得意とするジャンルもさまざま、抑えておくべきポイントがあるのです。

最も分かりやすい抑えておくべきポイントは、翻訳会社のウェブサイト。翻訳のレベルが確認できる訳文のサンプルや、翻訳実績や取引先が紹介されています。

実績に大手企業や幅広い業種の会社があるなら、高い品質の翻訳と安定したサービスが期待できるでしょう。

翻訳の正確さと納品スピード。安定したスピードと品質を保つための、翻訳者の人数と校正のチェック体制が整えられているかも重要。

医学翻訳や学術文書など専門性が求められる翻訳は、各ジャンルごとに高い専門知識をもつ翻訳者がいるのかもポイントです。

ウェブサイトで依頼するジャンルを得意とする翻訳者がいるのか、確認しておきましょう。

しかし文書によっては、高い品質の翻訳が求められないケースもあります。内容を確認する程度なら、コストがかかる高品質の翻訳は必要はないという訳です。

品質を求めない場合は翻訳会社のランクを落とすか、コスト重視の簡易なプランなど、ニーズに合わせた翻訳プランが選べる会社ならコストの削減が可能。

事前に求められる翻訳の品質を、明確にしておくこともポイントです。

納品後に問題が生じるケースも考えるなら、訳文の修正や分からない部分の質問にもアフターサービスで対応してくれる翻訳会社を選べば安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *