翻訳会社の選び方で注意する点

翻訳会社は数多くありますが、どのような点で選んでいますか。

まず翻訳会社に電話を入れて見積もりや事務の流れを説明してくれるのはコーディネーターと呼ばれる翻訳事務を取り仕切る人です。この応対が丁寧で詳しく教えてくれるところは事務部門がしっかりしているといっていいでしょう。

翻訳会社は、連絡した場所ですべての業務をしているのではなく世界各国にネットワークをもっています。その翻訳者との直接のやり取りをするのがコーディネーターです。コーディネーターがしっかりしていない会社は、こちらの意向が良く伝わらないことがあります。

翻訳する文書の内容によっても翻訳会社の選び方は違ってきます。大手会社では、どの国の文書でも迅速に翻訳できるように各国に専門の翻訳者を配置しています。逆に個人でやっている会社では中国語だけに特化している会社もありますのでコーディネーターによく内容を聞いてください。翻訳フローを説明してくれるはずです。

翻訳フローとは事務の流れになります。受付からお見積り・翻訳し最後に後世・チェック・納品に進んでいきます。工程が抜けていればその分料金は安くなりますが、翻訳のレベルが落ちることがありますから注意が必要です。納期は、早いほうがいいですが、あまり早いと質が落ちる場合があります。

事前に翻訳サンプルを見せてもらうと確認ができます。それぞれ翻訳会社によって持っている専門分野の知識に違いがあります。同じ翻訳をする会社でもそれぞれノウハウを持っています。

企業によって視点が異なり。すべての企業が各分野の知識を全て兼ね備えているわけではありません。事前にどのようなスタッフが翻訳をしているか確認をとっておいたほうがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *