エリートな方のビジネス文書は翻訳会社に相談を

日本語は難解な言語です。

同じ言葉でも前後の文脈によって意味が変わります。使われている分野によって意味合いが変わる事もしばしばです。同じフレーズなのにニュアンスが正反対になる事もあります。世代や暮らしていた環境や職業など、日本語は執筆する人によって表現方法が異なり、同じ日本人同士でもニュアンスが正しく伝わらない場合が少なくありません。

一方で英語はどうでしょうか。私たちが英語の教科書で読む英文は比較的シンプルな物ばかりです。直接的な言い回しが多く、主語や目的語がしっかりと立てられているため、ある意味で日本語よりも英語の方が意図が伝わりやすいです。英語公用語を進める企業も増えてきており、双方の誤解が少ない英文でやり取りした方が業務効率化が進められる、そんな実態もあります。

ただし欧米のエリートビジネスマンに限っては少々例外です。彼らもまたビジネスメールでは、言語こそ英語ですが非常に複雑で難解な表現を多用したビジネス文書を書きます。その翻訳はサラリーマン個人では難しく、ミスを避けるためには翻訳会社に相談した方が得策です。

英語圏のエリートなビジネスパーソンは文章に様々な条件を付ける事があり、米国流のウィットな表現も多用するため、翻訳会社に相談し、プロに和訳してもらった方がクライアントの意図を正しく把握出来るでしょう。翻訳会社はビジネス文書の和訳を迅速に施してくれますし、値段はリーズナブルであり、僅かな枚数のEメールからでも相談可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *