何を翻訳したいかで翻訳会社を選ぶ

年々日本国内でもグローバル化が進んでいます。

これまで海外の企業との取引経験がないような企業でも企業活動を継続していくために海外へ進出したり、海外の企業と取引を始めることもあるでしょう。また、近年急激に状況が露呈してきている日本の労働市場の縮小も深刻です。日本は今後世界的にも急激な速度で日本人の労働人口は減っていきます。そうなると日本人だけではなく、海外からやってきた労働者の方を受け入れなければ会社は存続出来ないという事態も発生します。

これまでは商取引の場面でだけ翻訳を考えていた企業も、今後は人事や労務といった会社の内部の資料を英訳したり、会社の内部会議の資料を全て英語で作成するということも起こってきます。会社の内部資料を全て翻訳するのは時間がかかる上に、社内に語学が堪能な方がいない場合は外部の翻訳会社に依頼することになるでしょう。会議資料が揃わないという理由で会議が遅らせられるようでは会社の意志決定が遅くなってしまいます。

また、大切な労務規約などを正しく翻訳出来ていなければ後々のトラブルにもなり兼ねません。翻訳会社を通してプロの翻訳家の方見てもらうことは重要です。翻訳会社の中でも、当然得意とする分野が異なります。会社間の契約書の翻訳に精通している企業もあれば、法務や労務など特定の分野に強みを持つ翻訳会社もありますので、翻訳を依頼したい内容で翻訳会社を選ぶというのも重要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *