翻訳会社へ依頼する際の注意点

翻訳会社へ依頼する際は、翻訳したものを誰が読むのかという点にも配慮する必要があります。

英語と一口に言っても英語を話す国はたくさんあり、それぞれの国で使われている表現方法や単語のニュアンスには違いがあります。中国でも地方によっては使われる公用語が違います。例えば北京語・上海語などでは全く違う言語になるため、そのための知識が必要になります。単純に英語・中国語へ翻訳するとなっても、ターゲットには伝わらない可能性が十分にあります。

最初にターゲットをイメージしそれを翻訳会社へうまく伝える必要があります。そして、翻訳の文体やスタイルにも違いがあるので出版翻訳のケースではロマンス小説や幼児向け絵本などによっても文体・言葉使いがかなり違います。見積もりをする際はこのような点を踏まえて行う必要があります。翻訳会社が行う翻訳の構成や再現性はどのようにするか、見積もりをしてもらう前に把握しておきます。

プロの翻訳作業は原文に忠実に訳していく逐語訳が基本となっています。しかし、翻訳の難しいところはそのまま単語を単純に訳した場合、意味が全く違うものになったり曖昧な意味になったりすることもあります。このような場合は意訳が大切になり、どの程度の意訳が依頼者にとって許容範囲なのか読みやすさや理解してもらいやすさなどを考慮します。翻訳の種類によっては、高度な専門性が必要になることもありますが、こうした専門性に優れた翻訳会社も存在しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *