海外進出と翻訳会社の活用

多くの企業が海外に向けて進出しています。

日本国内では販路が限定され、かつ市場はすでに埋まっている状況ですので、まだまだ開拓の余地がある海外に向けて営業活動を展開しようと検討している企業も多いのではないでしょうか。海外に営業活動を展開するうえで避けて通れないのが、言語の問題です。現地の言語でビジネスレベルでのやり取りができる社員を育てるのは大変でしょう。

まだ英語だと比較的利用できる社員も多いかもしれませんが、契約書作成や重要な会議での通訳を担当するというのは荷が重いと感じる社員が大半だと思われます。そこでぜひ活用したいのが翻訳会社の起用です。翻訳会社とは、商談の場所での通訳を派遣してくれたり、各種契約書や覚書などの重要書類を現地の言語に翻訳して紙面を完成させる業者のことです。

業者によって扱っている言語はもちろん違いますので、これから進出しようと計画している地域の言語を扱っている翻訳会社を選択することが必要になります。現在、翻訳会社は結構たくさんあります。業者ごとに扱ってきた翻訳の経験や知識、サービス内容には差があるので、利用する前に十分比較をして後悔のない選択をしましょう。

基本的には、翻訳の技術が高いことは言うまでもありませんが、自社の業種の翻訳支援をしたことがある業者を選択したほうが無難です。自社の性質や特徴について十分理解してくれる業者を起用するべきです。これからどんどん翻訳会社の存在意義が増してきそうです、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *