拠点が海外の翻訳会社を利用する時の注意点

日本の市場に参入している海外の翻訳会社で多いのが欧州系とインド系ということが出来ます。

大手翻訳会社なら現地言語のネイティブ社員を採用していますが、中小規模の会社は難しいので日本語対応可能となっていても事前に日本語能力を確認しておくことが重要です。その方法は英語原稿を日本語に翻訳してもらうことで無料の翻訳トライアルなどを試してみることをお勧めします。日本語の原稿を依頼する場合は日本語能力のレベルが最も重要なポイントとなります。あとメールやりとりだけならあまり意識することはありませんが、実際に受注担当と電話で話す場合は高額なコストがかかるケースがあります。

だからSkypeなどでのコミュニケーションが可能かを確認しておくといいでしょう。勿論その時の対応も英語なのか日本語なのかもチェックしておいて下さい。翻訳言語は日本語でもカスタマーサービスが日本語とは限りません。他にも専門分野と実績を調べておくことが大切です。これは海外拠点、翻訳会社の規模に関わらず必ずチェックするようにして下さい。それと見積もりの内容の間違いを発注後に気がついても手遅れです。だから依頼したい原稿を用意してから見積もりを依頼するようにしましょう。

そして見積もりが極端に安価な場合は機械翻訳を利用している可能性が高いので、機械翻訳NGの場合はその旨を伝えておくことが重要です。あと日本人同士なら当然の取引方法が海外拠点の翻訳会社の場合は常識が通用しないケースがあります。支払いにクレジットカードが指定されたり、銀行振り込みでも手数料が大きくなるので支払い方法についても双方の認識を擦り合わせておいて下さい。また希望納期は日本時間できちんと話をつけておきましょう。海外が拠点の場合は時差があります。普通は日本時間でというのが共通認識の筈ですが、きちんと日本時間でと契約内容に記述を入れておけばトラブルを防ぐことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *