ロダン+フィールズの特徴について

ロダン+フィールズは2人の美容皮膚科によって設立され、アメリカ合衆国のカリフォルニア州サンフランシスコに本拠を構えるプレミアム・スキンケアブランドです。

アメリカの大学で研修を受けた2人の設立者は、皮膚科医としての経験を活かし1人でも多くの女性たちに最高の肌を手に入れてもらうため2000年にこの会社を設立しました。この会社は2003年にアメリカの大手化粧品メーカーの傘下に入ると高級百貨店で商品を販売するようになりますが、2人の設立者はさらにデジタル時代の到来による新しい技術に着目します。

インターネットが普及することで買い物や情報共有の方法、コミュニケーション手段が変化してたため2007年には大手化粧品メーカーからブランドを買い戻し新たなビジネスモデルを展開するようになります。顧客に直接製品を販売できるチャネルを作り女性がより活躍できるビジネスモデルを採用するだけでなく、製品のラインナップを次々と増加させカナダやオーストラリアなどにも進出しました。

現在ではロダン+フィールズは北米を代表するスキンケアブランドの1つとなっており、アメリカ本国だけでなく日本など世界中に愛用者が存在します。ロダン+フィールズでは、マルチ・ステップ・サイエンスという独自のスキンケア哲学に基づいて製品の開発が行われています。肌の悩みに対処するための洗顔からクリーム、日焼け止めまでをセットにしたスキンケア・プログラムとして製品を提供しているのが大きな特徴です。さらにロダン+フィールズでは、特に気になる肌の悩みを抱えた人たちを対象としたスキンケアツールなどの特別な製品も展開しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *