化粧水の効果を把握しておこう

しっかりと洗顔して汚れを落としておけば化粧水は不要と考える方は少なくありません。特に男性の場合だと洗顔したら終了という方が多いですが、化粧水の効果とは保湿にあります。洗顔をすれば肌が水を吸収して勝手に保湿されると考えるかもしれませんが、そうしたことはありえないのです。人間の肌にはバリアゾーンが存在しており、水を吸収しない仕組みになっています。

そうしないと際限なく水分を吸収し、ぶくぶくと膨らんでしまうからです。バリアゾーンが存在しないのは手のひらと足の裏であり、入浴するとふやけてくるでしょう。逆にそれ以外の部位は水分を補給しないので、洗顔や入浴をしても保湿はされません。化粧水の効果はバリアゾーンを通過して保湿することにあり、保湿することで肌を元気にするわけです。

肌は乾燥するほどトラブルが起こしやすい仕組みになっているので、常に弾力性に富んだ状態にしておく必要があります。化粧水の効果は保湿だけではなく、肌を安定させるメリットもあります。正常肌に整えて乾燥はもちろんオイリーも予防し、角質層を安定させる役割もあるわけです。肌を安定させることはトラブル防止はもちろんアンチエイジングにもなるので、洗顔後は化粧水を使用したほうがいいわけです。

美容液はより効果が高いですが、価格も跳ね上がるので週に数回のスペシャルケアとして使用するとよいでしょう。3日に1回使用するだけでも効果的なので、お肌の曲がり角をすぎたあたりから使用するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *